室内ガラス障子にもプラマードUで断熱効果UP

施工前の状況

普段寝室として利用されている和室ですが、とにかく寒いということでリフォームのご依頼をいただきました。

現地調査でお家にお邪魔させていただくと、開口部(窓)が広く、ガラス障子からも隙間風が入ってきているようでした。
特に大きい窓が多いなど、開口部が広いというのは、部屋の温かい空気が外に逃げ、外から冷たい空気が入りやすくなってきてしまうため、冬になかなか部屋が温まらない原因の一つとなります。

今回は、内窓プラマードUを使った断熱リフォームをご紹介します(^^)

施工後

picture_pcの画像picture_spの画像

施工前

picture_pcの画像picture_spの画像

施工後

picture_pcの画像picture_spの画像

施工前

picture_pcの画像picture_spの画像

施工後

外窓に対しては、部屋の内側にプラマードUを取付けて窓を”2重”にし、室内外の熱の出入りが少なくなりました。
断熱効果も上がり、気密性も上がりました。

ガラス障子もプラマードUに取替え

picture_pcの画像picture_spの画像

施工前

picture_pcの画像picture_spの画像

施工後

リフォーム用の木製建具はあるのですが、より気密性を持たせるために、今回敢えてプラマードUに取替えました。
(本来は内窓として、外窓の室内側に取付けるものです)
和室仕様の和紙調ガラスタイプのものがありますので、違和感もほとんどありませんね。

ありがとうございました。

お問い合わせ