屋外にあった洗濯機を室内に設置

施工前の状況

picture_pcの画像picture_spの画像

施工前の洗面所の壁

屋外に置いてある洗濯機を、洗面所に設置できるようにリフォームしてもらえないかというご相談です。
現場を見せていただくと、壁のタイルが剥がれている箇所もあり、その一面だけタイルを剥がしてクロスを貼る工事も一緒にさせていただくことになりました。

施工中

picture_pcの画像picture_spの画像

タイルを一面すべて剥がしました

picture_pcの画像picture_spの画像

床を剥がしているところ

picture_pcの画像picture_spの画像

配管工事完了しました

picture_pcの画像picture_spの画像

配管工事を終え床を新しく張りました

施工後

picture_pcの画像picture_spの画像

施工前

picture_pcの画像picture_spの画像

施工後

タイルを剥がした壁一面と、床のクッションフロアーを貼り終え、完成です。

picture_pcの画像picture_spの画像

給水用蛇口

picture_pcの画像picture_spの画像

排水口

洗面所の棚の高さも変えました

picture_pcの画像picture_spの画像

施工前

picture_pcの画像picture_spの画像

施工後

工事をしていると、「実は洗面台も使いづらくて、棚を洗面台の高さに合わせて取付けてもらえませんか」というご依頼も受けましたので、対応させていただきました。

洗面台にはカウンターがなく、備え付けのキャビネットの天板に物を置いて使っていたそうですが、そうすると、棚の扉を手前に引くことができないので、不便に感じられていたようです。そこで、棚を高い位置に取付ければ、物をどかさなくても棚の扉も開くことができ、なおかつ、物を置くスペースも広くなるということですね。

ただ、棚はキャビネットの上に置かれていただけなのですが、いざコンクリートとタイル貼りの壁に取付けようとすると一筋縄ではいきません。
タイルの上からネジで固定しようとすると、タイルが割れてしまいますので、タイルが貼られていない棚の上部を壁に固定しました。
そのまま取付けようとすると、タイルが貼られていない分、壁との隙間がありますので棚の裏に木材を当てて棚が水平になるようにしました。

これで、洗濯機が室内に置けるようになり、洗面台も使い勝手がよくなったことと思います(^^)
ありがとうございました。

お問い合わせ